Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

グリーンカード申請後の米国再入国方法の選択-H-1Bビザか再入国許可証

 

米国移民法は一般的に思われているほど単純な内容ではありませんが、移民法を特に扱い難くしている要素として、「米国移民局の独自の法律解釈を知る必要がある」という点が挙げられます。その一例として、「H-1B資格者がグリーンカードを申請した後に米国に再入国する場合、H-1Bビザで入国すべきか、それとも再入国許可証で入国すべきか」という問題を見てみましょう。

非移民滞在資格から移民滞在資格への資格変更申請(adjustment of status; AOS)がペンディングとされている間にAOS申請者が米国外に出た場合、事前に再入国許可証(advance parole)の発給を受けていない限り、AOS申請を放棄したとみなされるということは広く知られています。しかしながら、AOS申請ペンディング中のH-1B資格者がH-1Bビザと再入国許可証を両方をもっている場合、このH-1B資格者はいずれか一方を選択することができるのでしょうか。また、H-1B資格者にH-4配偶者がいる場合、その配偶者はビザと再入国許可証のどちらで入国することになるのでしょうか。AOS申請がペンディング中である以上、AOSの放棄を再入国時に問題とされないよう、慎重な判断が求められるところです。問題を更に具体化するために、以下の事例を考えてみましょう。

事例:米国在住の山田太郎さんはH-1B資格、妻の和子さんはH-4の資格で滞在していました。最近、太郎さんの雇用主であるA会社は太郎さんのために雇用に基づくグリーンカード申請を行い、山田夫妻はAOS申請を行いました。このAOS申請に伴い、山田夫妻は就労許可証と再入国許可証の発給を受け、和子さんは取得した就労許可証に基づき米国にて就職しました。しかしながら、太郎さんはAOSペンディング中に転職することとなり、発行された就労許可証に基づき会社Bに就職しました。会社Bは直ちに太郎さんのH-1B申請を行わなかったため、太郎さんのH-1B資格は終了しました。その後、山田夫妻は日本に一時帰国しましたが、その間会社Bは太郎さんのH-1B資格を新たに申請し、移民局の承認を受けました。このH-1B申請承認により、山田夫妻は日本でH-1B/H-4ビザの発給を受けられますが、果たしてビザの申請をすべきでしょうか。それとも手持ちの再入国許可証で入国すべきでしょうか。

移民局規則の厳密な解釈に拠れば、AOS申請ペンディング中のH-1B資格者がH-1Bビザで再入国するためには、雇用に基づくグリーンカード申請をなした雇用者における就業を再開するために入国する必要があります。そのため、上述の山田太郎さんは会社Bで勤務するためにH-1Bビザで再入国することはできないことになります。しかしながら、移民局はこの規則を文言どおり厳密に解釈しておらず、太郎さんのような場合でもH-1Bビザで再入国できるとしています。それでは、太郎さんは再入国許可証よりも入国手段として「手堅い」と思われるビザで米国に入国すべきかというと、実はそうはなりません。と言いますのも、H-4資格者は配偶者であるH-1B資格者と同じ資格で入国することが求められるため、太郎さんがH-1B資格者として入国しますと、和子さんはH-4での入国を強制されるため、米国での就労が不可能となってしまうためです。和子さんの米国での就労を可能とするためには、和子さんは再入国許可証で米国に入国する必要があり、それを可能にするためには太郎さんも再入国許可証で入国することが必要となるわけです。これより、上述の「山田夫妻はH-1B/H-4ビザ申請をすべきか」との問題に対する解答は「ビザ申請をすべきでない」となります。

移民法の世界では、このように法文と移民局の法文解釈、さらには具体的な状況への法文適用の間で、問題に対する解答が二転三転することがままあります。従いしまして、もしご自身の滞在資格やビザに関して「何か変だ」「本当に大丈夫かしら」と感じられた場合は、早期に移民法弁護士と相談され、疑問点を解決されることをお勧めいたします。

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times