Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

帰化申請から面接までの期間 帰化の為の居住条件

帰化申請者は、居住条件が考慮されるのは帰化申請前までの期間だけとよく間違うことがあります。帰化申請者は、帰化申請をしてから面接までの期間も居住条件の期間として考慮されることを申請前に知っておかなくてはいけません。(面接から市民権の宣言式までの期間も考慮されることがあります)


 帰化申請を提出する際にContinuous residence (継続居住)または Physical presence requirements(肉体的存在条件)の規則を破った場合には申請を拒否されます。(試験に落ちた場合や犯罪暦がある場合も含まれます)
 現在residency/physical presence requirementsの必要条件には4つに分けられています。


(1) アメリカ合衆国に5年以上居住していること(アメリカ市民と結婚している場合は3年)
(2) 申請前の5年間の半分、2年半の間はアメリカ合衆国に肉体的存在(physically present)していること(3年の場合は1年半)
(3) 帰化を申請した州に3ヶ月以上住んでいること
(4) 申請に先立つ5年間(3年間)の継続居住の条件を破ることはできない。また、申請後から面接までも居住の条件を守ること


アメリカ合衆国を長期間離れた場合abandonment of residence(居住放棄)としてみなされてしまう場合があります。abandonment of residence(居住放棄)としてみなされないための証拠として次の4つの事例が考慮されます。


A. 帰化申請者がアメリカ合衆国での仕事をやめていないこと
B. 帰化申請者の近親者がアメリカ合衆国に居残っていること
C. 帰化申請者の家族が申請者のアメリカ合衆国の住居にいつでも滞在できる状態に維持 してあること           
D. 帰化申請者が国外滞在中に就労していないこと


前例では、1995年に第一審裁判所は帰化申請者がContinuous residence (継続居住)の規則を破ったと判断を下しました。なぜなら、彼女は帰化申請した後に11ヶ月の間、アメリカを離れ、そして面接の3週間前にアメリカに戻ってきたからです。またそれ以前にも幾度も長期間アメリカから離れていたことも判明したからです。裁判所は上記に挙げた4つの証拠事例を含み彼女のケースを検討しました。1995年の前例からすると、裁判所は帰化の申請前と申請後を含んだContinuous residence (継続居住)を考慮していることになります。
帰化申請者は居住条件を破らないように帰化申請前、申請後も継続して慎重にならなくてはなりません。帰化申請者が申請前に居住条件を満たしているに拘わらず、申請後の国外旅行も移住放棄として考慮されるため国外に出る場合は十分注意を要します。

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times