Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

特定の犯罪の罪を認めた非米国市民に対する可能な救済について

 

今年始め米国最高裁判所は、罪を認めることが移民に関連することを知らずに、特定の犯罪の罪を認めた非米国市民に可能な救済を発表しました。
Padilla 対Kentucky裁判では、法廷は犯罪の被告側弁護団が特定の申し立てが国外追放の危険性が伴うことを彼らの依頼人に知らせなければならないと判決しました。

法廷は、近年の移民法の変更による非米国市民の犯罪の有罪判決は劇的に多くなった為、非米国市民の犯罪の告発に対しより正確な法的助言が大切であると述べました。特に最近の移民法改革は、国外追放の罪の種類を拡大し、国外追放の厳しい結果を軽減する裁判官の権限を制限しました。

したがって、もし非米国市民が彼らを国外追放にする薬物罪などの犯罪の罪を認めた場合、罪を認める際に追放の危険性について忠告されなかったならば、この2010年米国最高裁判所の事例に従って救済を受けることができるかもしれません。

Padilla 対Kentucky裁判事例がお客様の事例にどのように反映されるか、弁護士とのご相談をご希望の場合は、847-763-8500早川までご連絡ください。

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times