Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

移民帰化局 最新情報

2010年11月23日よりUSCISへの申請料金が新しくなります:2010年10月
line
帰化:米国雇用者より海外への転勤辞令が出た場合の帰化目的の居住条件への対応について
2010年12月
将来帰化することを考慮されている米国帰化志願者の方が海外転勤の辞令があった場合に、 どのように帰化目的の米国への居住条件を満たせばよいのうでしょうか?

2010年10月20日USCISは、AAO( the Administrative Appeals Office)から拘束力のある先例として帰化目的の為の”Preserve Residence “住宅の保存に関する決定を発表しました。Chawathe 事例の判決では、AAOはN470目的の米国株式会社として資格を有す米国企業であることを認め、その米国会社に勤務していたN470フォーム(Preserve Residence for Naturalization Purposes)申請者の却下判決を逆転させました。

長期間米国に不在する場合、帰化の為の居住条件を満たさないとみなされます。ただし、出国前に、N-470という申請書を移民局に提出しておくことにより、海外に居住している期間も米国に滞在 しているのと同じように換算されます。これは、“Preserve Residence”と呼ばれる申請方法で、米軍に属していたり、米国政府機関、米国の会社からの派遣、宗教目的による場合などがこれに当たります。

N470の資格を満たす米国企業には、特定の条件がありますので帰化申請を考慮されている方、海外転勤の可能性がある方は、一度移民弁護士と相談してみると良いでしょう。
line
2010年11月23日よりUSCISへの申請料金が新しくなります
2010年10月
請願書の申請準備を始めている方は、特定のUSCIS申請料金が値上げされる前に申請することをお勧めいたします。2010年11月23日より値上げされる申請料金の一覧は次の通りです。
クリックしてください。
line
2010年6月4日より米国大使館での非移民ビザ申請料金の値上げが実行
2010年6月
2010年5月20日の国務省の暫定的な最終規則の発表によりますと、非移民ビザ申請料金及びMachine Readable Visa( MRV) 料金、Border Crossing Card (BBC) 料金を2010年6月4日より値上げしました。国務省によりますと、この値上げは、非移民ビザ処理費用の高騰を償う為でああると述べています。 国務省によりますと新しい料金は、B-1/B-2観光及びビジネス、学生、交換訪問者(F,M,J)を含む請願書を基にしていないビザは$140。請願書を基にしているビザ(H, L, O, P, Q, and R)の申請料金は$150です。米国市民の婚約者Kビザの申請料金は、$350。貿易及び投資のEビザは$390になります。 (注意)上記料金は、米国外の米国大使館でビザの申請を行う場合の料金です。
line
USCIS 就労許可証の修正
2010年6月
U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) は、機械読み取り可能な帯を裏に加え、就労許可証(EAD)の修正を行いました。この最新版は、移民詐欺を防止するUSCISの進行中の執行努力の一部です。上記の修正に加えて、カード後部の上の二次元のバーコードは取り去られ、情報ボックスの文字は、カード上部の磁気ストライプの下に移動しました。新しいカードは既存のセキュリティーの機構を保持します。
line

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times