Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

米国の選挙投票への登録:非米国民が知っておきたい事

米国市民になる主な利点の一つは選挙の投票ができることです。しかしながら、来る選挙において、多くの人々の登録をたくらむ組織の不法な策略に利用され、頻繁に非移民、そして移民も同様に彼らは投票への登録ができる、又選挙投票ができると信じこまされる事があります。ほとんどの外国人は米国での選挙投票又は選挙への登録が禁止である事に気がついていますが、それらの組織は巧みな言葉を使い、また脅かしたりして彼らを混乱させて選挙登録させようとします。これらの組織は多くの人を登録させ、組織の拡大や金銭により影響力を得ようとています。


最も有名な事例の一つはthe Association of Community Organizations for Reform Now (ACORN)という社会奉仕団体がオバマ上議員のキャンペーンに関係する不当な選挙登録書の作成にかかわっていたという最新のニュースです。このような組織的な行為は、移民または非移民に対して同様の結果として厳しいものであり、その様な選挙投票は国外追放の罪に相当する違反と考慮されます。具体的に言えば移民帰化法では"あらゆる連邦、州、市の法律、規定、条例では違反投票した外国人は国外追放の罪に相当する"と述べています。

この法律は単に選挙に登録した外国人ではなく、実際に投票した外国人だけに関連している様に見えますが、また一方では米国市民権に対する間違った権利要求に関連する別の問題を持っています。ある人が投票の為に登録するとき、登録用紙には一般的に登録者は米国市民であると言明されています。登録用紙を署名する事によって、非米国市民の外国人は彼ら自身を米国市民と偽って表現したと見なされ、そしてこの特有な違反のため国外追放の罪に相当すると考慮されてしまいます。(実際の投票の違反と言う事ではなく)

帰化のような移民利益を申請する時、申請者は彼らが過去に選挙投票に登録したか又は投票したかどうかの質問に答えなくてはならない場合があります。実際にこの時が移民帰化局にとって外国人が不法投票登録又投票をしたと知る事ができる最初の機会になります。このようなリスクがあるので、これらの外国人は帰化申請をするかどうかよく考慮し、もし過去に投票をしているのが事実であれば、帰化申請をしない方が良いでしょう。

もし政府が投票登録又は投票により、あるもの者を国外退去手続きにをしようと決定する場合は、州又は連邦投票法に基づき、その者が違法を起した事を証明しなくてはなりません。違反した連邦、州、地域によりますが、米国国土安全省は被告が故意によって行ったという事を証明するように要求される事もあります。

被告が故意により投票法に違反したかの判断は、判決官は次の事項により決定を下します。
1) その者はどのように、どこで、いつ投票登録又は投票をしたか
2) その者の選挙法の知識の程度
3) その者はなんらかの説明書を受け取ったか、或いは彼らが投票する資格について口頭で質問されたか
4) 誰がその者に選挙法、又は彼らの投票する資格についての情報を提供したか
5) 選挙の登録用紙、若しくは投票用紙において:
a) 申込者が米国市民であるかどうか尋ねる明確な質問を含んでいた
b) 偽証の罰則に基づき、彼らが米国市民である事を宣言する事を要求
 されていた
c) 用紙のどこかに申込者は投票する資格があることを求められていた、
 また具体的な米国市民権の資格について記載がなされている

これらの要因に基づいて、被告が移民裁判官により故意による投票法の違反と判決されなかった場合、その者は国外退去されません。
さらに米国市民の両親を持ち、16歳より前に米国に永住しており、そのような行為をなしたときに彼らが米国市民である事を"ごく自然なもの"と信じていた外国人については、投票又は不法投票禁止令には別個の例外が設けられています。しかしこの例外はとても限られており、非常に少ない割合で事例に適用されます。

それではもしあなたが不法登録をしたら何をすべきでしょうか?
もしまだ投票していないのであれば、この問題解決を始めるにもっとも良い方法はすぐに登録を取り消し、取り消し記録を保管します。そして最初の登録用紙のコピー(もし可能であれば)と登録したにも拘らず、投票をしていない事を証明する投票記録のコピーも同様に保管します。そして将来の参考の為に、なぜ登録ができない事に気がつかなかった事の説明を含む、あなたの登録時の状況を記録しておくと良いでしょう。

もし投票してしまっても、できるだけ早く登録を取り消し、登録記録、投票記録、取り消し記録を保管しましょう。さらに将来の参考の為、状況説明を記録しておくといいでしょう。登録の取り消しはあなたが投票した事実を変える事はできませんが、それはあなたが間違いに気づいた後に、あなたの間違いを訂正する為にとった行動の状況証拠を証明するものになります。

この記事や移民に関するご質問は当事務所にお問い合わせください。

 

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times