Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

雇用に基づく永住権取得:第二優先枠(EB-2)

 

第二優先枠(EB-2)は、修士号又はそれ以上の学位(又はそれに相当する職務経験・職業訓練)をもつ専門職者に対して開かれている移民ビザオプションです。また、EB-2は、修士号又はそれ以上の学位をもたない外国人であっても、科学、芸術、又はビジネスの領域において卓越した能力をもつ外国人で、そうした能力により米国の経済、文化、教育、またはその他の国益増進のために相当な利益をもたらすと考えられる者にも開かれています。なお、EB-2により米国永住権を申請するためには、原則として米国雇用主からのジョブオファーが必要となります。

 

EB-2申請要件

EB-2の受益者となる外国人が保持しているべきとされる学位は、通常「学士号を超える学位」です。しかしながら、米国外の大学により授与される学位の中には「学士号を超えるが、修士号に満たない」と判断されるものもありますので、通常の場合においてEB-2の学歴要件を満たすか否かは「修士号を保持しているか」により判断されます。

学士号をもつものの修士号をもたない外国人は、自らの学士号に5年の職務経験を加えたものを「修士号に等しいもの」としてEB-2の資格要件を満たすことができます。ただし、この場合の5年の職務経験は、時間を追って職務内容の複雑性や職責の重要性が増すものでなければなりません。

EB-2の受益者となる外国人は、修士号又はそれ以上の学位を有するとともに、一定の専門職に従事している必要があります。「一定の専門職」の例として、以下のような職種が挙げられます(これら以外の職種も専門職として認められる場合があります)。

修士号以上の学位をもたない外国人がEB-2申請要件を満たすには、自らの専門分野において「卓越した能力」を有している必要がありますが、ここでいう「卓越した能力」とは、「その分野における通常の専門家を相当程度上回る専門知識」を意味します。具体的には、以下の6つの証拠のうち、いずれか3つを提出できることを意味します。

 

ナショナル・インタレスト・ウェイバー

EB-2の特殊なサブカテゴリーとして「ナショナル・インタレスト・ウェイバー(National Interest Waiver; NIW)」があります。これは米国の国益に適うと考えられる職務に従事しており、国益に資する足る能力を証明するのに十分な実績のある者に対して認められる特典であり、NIWによる永住権申請には、EB-2の申請において通常必要とされる米国雇用主からのジョブオファーや労働省へのLabor Certification申請が必要とされません。NIWの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

 

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times