Immigration Law Associates
Chicago Lawyer, Attorney: Green Card, H-1B, National Interest Waiver, J-1, Spouse, Fiance, Student Visa, VAWA, Citizenship, Removal, Korean, Polish, Japanese, Spanish

L-1 企業内転勤ビザ

L-1ビザは企業内転勤ビザ(Intra-company transfer visa) と呼ばれています。これは、同じ雇用主あるいはその子会社、支店で就労するために米国に一時的に入国が許可されているビザです。その当事者は過去3年間に連続して1年以上海外で働いた経験がなければいけません。申請者は役員または、部長課長クラス職、重役、あるいは特別な知識を有するものでなければいけません。

 

最初のL-1ビザは一般的に3年間認められることになっています。しかし、新しい会社を設立する為に米国に入国する申請者は1年間だけしか認められず、その後は部長課長クラス職であることを証明しなければいけません。そのような新しいケースにおいては移民局が1年間の申請許可を認める前に追加の詳細事項を提出する必要があります。役員または部長課長クラス職だとL-1Aビザで最高7年間のビザを取得することができ、又特別な知識を有する場合は、最高5年間のビザを取得することが可能です。

 

当法律事務所では、 PCは外国企業が必要とする役員、あるいは重役を呼び寄せるための、L-1A, L-1Bビザの申請手続きの準備に精通しています。

 

L-1ビザにおける戦略方法

 

 

規定によると、特別な知識を有するものは組織の製品、サービス、リサーチ、機器、技術、経営、他国際市場における申請者の影響力、企業の進展、行動における知識、経験の高度のレベルを有するもののことです。

 

部課長、重役はL-1Aのステータス受け取りことになり、特別な知識を有するものはL-1Bのステータスが与えられることになります。

 

  共の大衆の反発により、L-1ビザの判決が移民局による綿密な調査が 

  厳しくなってきています。

 

L-1概念のストラテジー

 

L-1概念のストラテジーとしては、L-1テンポラリーの雇用主、外国人、国籍の従業員を統括することがキーとなっています。L-1ビザがどのくらい利用さてることになるのか、あるいは雇用主が見込みのある外国人従業員の申請、あるいは別のビザの種類の一時的ステータスの変更を考慮することは大切です。

 

Contact Us:

(847) 763-8500 via email

Visit Us:

8707 Skokie Blvd., Suite 302
Skokie, IL 60077
(Chicago Metro Area)

Languages:

Korean, Polish, Spanish, Farsi
Visa Bulletin Processing Times